2005年 6月 26日

ご存知ですか?

投稿者 by namep at 01:25 / カテゴリ: / 147 コメント / 0 TrackBack

私は2004年8月に、生まれて初めて「化学物質は人体に有害なモノもある」という話を聞き、それから色々と身の回りのものを見回してみました。

食品や日用品の中に、微量でも頻繁に使われているのが、化学物質です。食品では化学調味料も化学物質ですね。日用品でよく化学物質の添加が見られるのは化粧品、洗剤、シャンプー、歯磨き粉などで、肌に触れたり口から入ったりするモノで使われていないモノは無いんじゃないかというくらいに添加物や化学合成物質というものが使われています。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

では、それらはメーカーがなんのために入れているのか?というと「保存料・保湿剤・発泡剤・香料・調味料・着色料」なのです。天然の物質(植物からの抽出物や自然界に存在するモノなど)でそれらの効果を求められるけれども、用意するのに原材料費が高くつくので、利益を出すために石油などから科学的に製造し、安価な原料の添加物で代用し、大々的に広告を打って大量に小売市場で売ることで経済効果を狙っているのが、「一般の食品・日用品メーカーのやり方」です。

しかし日本中を探せばどこかに必ず、「人体に無害な天然の物質を使い、多少高くてもあんまり売れなくても、本当にいいものを作り続けて、口コミで細々とでも売っている」という職人的な日用品や化粧品のメーカーがあります。口コミから出来たネットワークのみで売るという農家から野菜や米を直接買っているという方もいるでしょう。

あなたにはそういう「口コミから手に入れている産直やお取り寄せの、こだわり商品」がありますか?

たとえば「米」「みかん」「おせんべい」「醤油」「水」や、「化粧品」「油取り紙」「シャンプー」「ヘアケア製品」など、なにか一つ「これが絶対日本一だよ!」「そりゃぁ派手な広告は打ってないから誰も知らないし、ちょっと高いけどさ・・・モノは最高なんだよ~」「だってめちゃめちゃ美味しいし!配送料を負担してでも毎年手に入れたい!」というモノ、何か思い当たりませんか?(^-^)
それらはよく見れば「無添加・無香料・化学物質不使用」なのではありませんか?

それは無意識であっても、あなた自身の健康と幸せへの選択です。

体が本当に美味しいと思っている、心から強く欲しいと思っているからこそ、値段など関係なく「絶対手に入れたい!」とあなたが思っているから、多少手間がかかっても時間を待たされても、手に入れてしまうのではないですか?
それはあなたの健康な体と心が選んでいる「ホンモノ」なのだと思います!

私はつい半年ほど前まで、「無添加・無香料・化学物質不使用」などという言葉には一切興味が無くて、「ふーん・・・そう言っておけば多少高くても売れると思ってるんじゃないの~?」などと思って疑っていて、化学物質の中には人体に有害なものが含まれていることを知るまでは、本当に他人事で「そんなの大して健康には関係ないよ~」と安さ重視で買い物をしていました。

でも食べ物に関して言えば、「美味しい」と思ったモノは多少高くても手に入れたいと考えてはいました。だって体を作っているのは食べ物だし・・・それに毒が入っていれば体に悪いってことくらいは、まぁ単純に判りますから・・・(-_-;)

しかし、実は皮膚からも化学物質が体内に入り込むことを知らなかったのです!

そして同時に有害化学物質のことを知りました。有害な物質を知らずに長年採りつづけると、それが病気の原因になってしまうことを知りました。「採りつづけていると健康を害する」と聞くと、まるで「肺がんになる危険性が高いと知っていてもタバコを吸い続けている」という感じがして、なんだか居心地が悪くなり、家中の化粧品や日用品を調べ始めました。

そしたら入ってるんですよね~。恐ろしいほどに。(@△@;;)

もちろん化学物質全てが人体に有害じゃないとは言え・・・有害なものも無害なものも、消費者が無知で判らないのを盾にして、もしかしたらメーカーは「ウチは原材料名として裏に書いてますからね。病気になる危険性も知らずに使ってる方が悪いのですよ」と言いたいような気がしてきたのです!(+_+)

なのでこれからはこのカテゴリーで少しずつ、私も生きながら勉強していくために続ける化学物質と健康や環境に関する知識を、皆様に微力ながらおすそ分けしていくつもりです。

それらの事実を知った後、何を選択するのか、それはあなた自身が決めてください。

ちなみに、私は今、出来るだけの知る範囲内で、身の回りの口から入るものや肌に触れるものから有害化学物質を減らしています。それは家族の幸せと健康を維持・管理するという、母としての役目だと思うからです。全て完璧に!は無理だと思うので、「出来うる限りの最善」です。
もしズルズルと妥協をしてしまうと「まぁいか、明日死ぬわけでもなし」と元の生活に戻ってしまいかねないので、30年後の幸せを見据えて、今から行動を変えていく決意をしました。

しかし化学の知識が無いと不健康になるだなんて、恐ろしい世の中ですね。
「なんでも利益重視は困るんだ」と自分が健康を害してから気が付いてメーカーに訴訟を起こしても、健康は取り戻せないしメーカーを変えるのにはとてつもない時間が掛かります。なので私はまず自分から変わりました・・・そして周りにその知識を分けることで「健康を選ぶ賢い消費者」を増やし、徐々にでも「無知な消費者として一般メーカーに騙されているレベル」から一緒に脱しましょう!p(^-^)q