2006年 9月 12日

STEAM BOY

投稿者 by namep at 00:49 / カテゴリ: / 78 コメント / 0 TrackBack

突然ですが、久しぶりにとても感動したので、映画ネタです。
素晴らしい大友克洋映画を、公開から2年経って、ようやく見ることが出来ました。

まず感動したセリフが、「理念も哲学も無い発明など、災いをもたらすだけじゃ!」というおじーちゃんの言葉であり、と前後して出てきた「善悪の判断が付かぬようになった科学者など、死んだも同然じゃ」と言ってのける姿勢が、とても記憶に残る映画でした。


総じて、スチーム家の男共(天才科学者であり独創的な発明家)が3代に渡って圧倒的な科学力で人類の知恵や力を見せ付けてくれるのですが、話としては、おじーちゃん(←最初はマッドサイエンティストかと思われた)と主人公の男の子(←思春期の年齢だけど天才科学者の血を引く)が、暴走したお父さん(←最終的にマッドサイエンティスト)を止めに行くといった筋なのですが。

いや~、大友さんの映画の極を見た!といった満足感でした!

すんごい量と種類の乗り物が続々と出てくる!大きなものが見事に、美しいまでに壊れていく!人間の小さな力と対比される、自然の力の偉大で不思議な実力を映像にしてくれる!といった出来でしたね♪

もちろん、息継ぐ間も無く展開するストーリー、忙しく画面全体に目を配りつつも話に入り込んでしまうテンポ、思わず前にのめり込むほど興奮する画面構成や効果音や音楽、アニメーションであることを忘れてしまうような背景美術や細かい描写でありながら、どこかすっとぼけた息抜きシーンがあることで安心してしまうような箇所も用意されていて・・・相変わらず天才的な映画監督で芸術家だなぁ・・・はぁ・・・と見終わって感動のため息が出ました。

見たこと無い方、是非一度ご覧下さい。
日本の近頃の手書きアニメーション映画やCGアニメーション映画って、世界に胸を張って提供できるレベルで製作される芸術ですよ!と言える、素晴らしい映画です。(^-^)

2006年 9月 11日

第二回・「アン公」☆

投稿者 by namep at 01:11 / カテゴリ: / 29 コメント / 0 TrackBack

もはや二回目のアンデルセン公園!長いので今日から勝手に「アン公」と呼びます・・・(爆)

子供等はお気楽に「やったぁ♪今日も公園だ~」と言ってるけど、この街は目の前にた~くさん公園があるってのに、わざわざ自転車や京成電車や新京成電車や新京成バスやと乗り継いで辿り着くのが、このアン公です★(笑)

背負子で移動していたtamaっちが、借りたベビーカーに乗り換えるやいなや子等のアスレチックが始まります。

DSCF4508.JPG

bianはもうほとんどを1人でこなすほど、アスリートな筋力の持ち主です。ロープのわっかも見事に上り抜けて達成感に満ちた顔で出てきました!

DSCF4512.JPG

汗をかいたら、流すためにも池に行こう!ここなら誰も咎めない水遊び場だし~♪bianはhikaruの世話を焼くのが得意な優しく逞しい姉上です★

DSCF4525.JPG

100円の動く動物にもアッサリ乗せてしまうVul・・・まぁ2人で1回だから@50円ってか?

DSCF4528.JPG

足漕ぎ車も3人で楽しそうに乗ってはりました。4人乗りなので私はtamaっちとお留守番・・・で、いつもの通りですが撮影班です★

DSCF4531.JPG

ミニSLも1人100円だから3人で300円なんですが・・・これだけ喜ばれたら乗せちゃうよね~(^^;)

DSCF4536.JPG

ひたすらバギーに詰め込まれているtamaっちもさすがに夕方につまんなくなってきたので、「はいよ~」と木馬に乗せてあげようとしたら、子等が大はしゃぎで駆け寄ってきて遊んであげていました♪tamaっちはちょっとイヤそうだったのが見ていてオカシかった!!(笑)

DSCF4550.JPG

父ちゃんとこれだけ充実して遊べるんだから・・・平日の遊べない分をリカバリ出来て、本当に何よりですな☆(^-^)

DSCF4558.JPG

でも休日はガッチリ子供等と遊んで風呂も入れて散発もしてくれるVulって、逞しい3児の父親だなぁ!と感謝の気持ちは尽きません。(もちろん「我が家の長男」ですから一番に寝ますが!爆)

余談ですが、たまたまベイタウンのお友達に会ったので話してたらパパが居なくて・・・ちょっと聞いてみたところ、「あの人は家で1人で過ごす時間を大切にしているんだって・・・海に行ったり本読んでるの。私がいつもココに連れてくるのよ~」とママはかなり悲しそうでした。傍で子等と一緒になって落ちている栗のイガを壊して中身を出しているVulを見て、「お手本みたいなパパじゃな~い!子供のレベルで遊べるって素晴らしいわ~!ウチでは有り得ない!」と感心してくれました。(もちろん、「長男だからね」と返しておきました★笑)

今回は往路で初の4人乗り自転車をやってのけてくれ、経験地UPさせてたVul君、本当にお疲れ様でした♪また行こうね!(^o^)

2006年 9月 07日

プラレールワールドへようこそ★

投稿者 by namep at 00:34 / カテゴリ: / 87 コメント / 1 TrackBack

hikaruは電車好きです。小さい男の子って一般的に「車」「電車」「ヒーロー戦隊モノ」のどれかにハマるらしいのですが、単なる私の趣味で、hikaruは電車派に仕込みました!(ふふふ・・・しかもトーマスは何かと高いから視界から外してもらったし★)

ということでお察しの通り、プラレールは山ほど持っています。Vulがフリーマーケットで買い集めてくる古いレールやパーツが山ほどあり、車両は4種類くらいしかないのですが、hikaruは大喜びで器用に遊んでくれるので作り甲斐があります。2歳前には線路を繋いでいたし、2歳過ぎたら車両を連結していたし、2歳半を過ぎた近頃は、「情景パーツ」「遮断機」「2番線」などと割とマニアックなボキャブラリーを出したりするので感心します。


DSCF4501.JPG

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

ところで、大概の電車派のスタートは「新幹線」だと思うのですが、日本が世界に誇る技術を搭載した「夢の超特急・新幹線」を、あなたは何種類言い当てられますか?私はhikaruを仕込んでいたこの1年近くですっかり詳しくなってしまい、最新の九州新幹線「つばめ」号まで顔をみただけで言える!・・・と思います。(-_-;)
普通は走っている区間の駅名までは知らなくても、車両の顔を見れば「東北(&山形)新幹線」「東海道(&山陽)新幹線」「長野(&上越)新幹線」「九州新幹線」位は判るのかなぁ・・・あぁ、もう既に私は、素人の感覚を失くしています。(苦笑)

特急にもJRと私鉄の区別があることすら知らずに「特急は特急で電車の仲間じゃないの?」と言っていた私が、今や「小田急ロマンスカーは私鉄だからさ、この”JR特急”の本には載ってないんだよ」とか言ってるし・・・「京都から関空まで走ってる”はるか”って新幹線だと思ってたけど、JR特急なんだね!」と驚いてるような私はもう過去の産物で・・・在来線の知識すら深まってきて、ちょっとマニアックになってきています。(苦笑)
今日もbianが拾った東京メトロの車両が8つ並んでいるプリペイドカードを見て、7種類まで「これは青で今乗ってきた東西線だよ、こっちはみかん色だから銀座線、緑は南北線で、黄土色は有楽町線だね。赤が丸の内線で、ねずみ色は日比谷線で・・・紫は・・・半蔵門線だね。最後はなんだっけ・・・あ~ぅっ!」とhikaruに聞かれたらスラスラと言えてしまったために、最後の1種類が思い出せなくてイライラしちゃいました★(ヤバ~ッ!しかも帰って調べて「そっかー!千代田線だ~♪」とか安心してるし?!+_+)


今hikaruが2歳半を過ぎたところで、乗ったことのある在来線を覚えてきている(関西圏込み)ので、徐々にお出かけして教え込んでいったり、本を読めるようになったら字で覚えたりしていけば、5歳で関東一円+関西圏のかなりの車両を覚えるかも?とやや期待しています。ビジネスマン気取りではないけど、どこの駅で何の線と接続しているのかを覚えてくれると、子供と電車でお出かけするのも2割り増しくらいで楽しくなりそうでしょ?(^o^)

2006年 9月 06日

レモンで止血と爽快感を♪

投稿者 by namep at 00:43 / カテゴリ: / 91 コメント / 0 TrackBack

子供はよく吐くし、よく怪我をして血を出す生き物です。(笑)

大人からしたらビックリするような吐き方をしたり、「またか!」というくらいに出血したりして・・・「昼から食べたもの全部吐いて体が空っぽじゃないの?!」とか「全体量が少ないのに・・・こんなに血が出たら怖いなぁ」とドキドキしてしまいます。

そういう時、アロマオイルの「レモン」は止血と爽快感の効果があるので、子供がいると割りと使い道が多いオイルだと思います。(^-^)

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

tamaっちは生まれて4日目にへその緒が取れてしまい(←やや事故っぽく外れてしまった)、地味だけどタラタラとヘソから血が出るので、助産師さんが「うーん・・・小児科に行きたい?」と言っていたけれど、正月だったし(それが理由か?苦笑)、「綿棒にレモンオイルを垂らして、テープで固定して様子を見たら?」という話になり、30分間お茶を飲んでいる間に見事、止まっていました。助産師さんも驚きつつ喜んでくれた一瞬でした♪(^-^)v

bianも鼻血をよく吹きます。幼稚園バスからつっぺ(鼻ティッシュ)して降りてくることもままあります・・・暑くてのぼせるらしい・・・(=_=;)。まぁ、大概は鼻の掘り過ぎなんですが(滝汗)、「鼻血出た~」と言われると、レモンオイルのフタを開けて「ほら、くんくんして」と言うと「すっぱ!でもいいにお~い♪」と言いながら鼻血を押さえつつ素直に5回くらいくんかくんかして、「もう平気・・・」というと本当に1分くらいで止まっています。

あとは車酔いするタイプなので、幼稚園バスで遠出する遠足の日に、洋服の胸元にオイルを垂らしてあげて、「バスで気持ち悪くならないようにお願いしておいたよ」と教えてあげると、「レモンの匂いで大丈夫だった!」と元気に帰ってきました。(ただし!柑橘系オイルは日に焼けると変色する(=光感作)ので、白い服や黒い服はやめといたほうがいいのですが★)

夜中に突然熱を出して吐いた時なども、部屋にさりげなくレモンの香りを漂わせておくと、気分が悪い感じがなくなるようで、1回吐いただけで終わったりします。
子供が夜に布団に吐いた後の母親は、「また布団に吐かれるのか?!」とドキドキして眠れないらしいけど・・・(>_<)私は一通り汚れたものを手洗いして子供に水分を採らせたら、脱脂綿にレモンオイルを2~3滴垂らして小皿に乗せたモノを部屋の隅において、あとはグッスリ寝ます。看病は体力勝負だしねっ!(^_^)b

私自身が元々薬を飲むことがキライなので(←ヘタに医者を信用しないタイプ)、子供にも出来るだけ無駄に投薬せず、民間療法的なアプローチで元気に生きていって欲しいと願っています。
そもそも「病は気から」が私の病気に対する基本姿勢なので、まずは「病気だ~」という気分を追い出すことが大事ですよね☆
「痛み」が伴う場合はやはり出来るだけ早く苦しみから解放させてあげたいと思いますが・・・「痒み」もそうですね。
しかし各家庭の薬箱には「酔い止め薬」や「止血剤」があるかと思いますが、レモンオイルで代用出来るというのはなんだか楽しいと思いませんか♪(^-^)

2006年 9月 05日

再構築してみました

投稿者 by namep at 00:21 / カテゴリ: / 78 コメント / 0 TrackBack

ここのところ、写真をドバッと出して一気にアップしているのですが、この半年ほど「子育てブログには子供の顔を出しちゃいかんのかな~?」と悩んでいたので、写真が公にならないまま大量に眠っています。
ベビーカー話や寝姿などで少し昔の写真を掘り返して貼り付けようかな、と探しながら見たところ「アレもコレも出しちゃおうかな」という気分になったので、面白い写真などをbianの赤ちゃん時代から振り返って出していこうと思います。(昔バギーと逞しい寝相写真、増やしました♪)

別に今の育児にネタ切れしてるワケじゃないんだけど・・・「bianが初めてビスケットを食べました」という写真を撮っていて、途中で撮れた「激しくむせ返ってる」写真が・・・今見ても涙が出る位、あんまり面白過ぎたので、こういう笑える写真で皆さんに楽しんでもらおうかと・・・(爆)

DSCF0270.JPG

ま、たまに昔の写真を掘り返すと楽しいのは、こういうことでしょうかね。(^-^;)

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

今日のところは眠いのでここまでですが、これからたま~に昔の写真を掘り返したり、3人の同じ頃を並べて顔つきを比較してみたりしようかなっと♪見てると「ちゃんと大きくなるんだな~」って、きっと安心するよ~☆(^_^)b

2006年 9月 04日

初・アンデルセン公園☆

投稿者 by namep at 22:58 / カテゴリ: / 72 コメント / 0 TrackBack

金曜日、またいつものように突然「日曜日、温泉でも行く?」という話が出たのですが、いつの間にやら話は逸れて行き、船橋アンデルセン公園に行くことになってました(笑)。

自宅から1時間半かけて、京成電車~新京成電車~新京成バスと乗り継いで、10時半に到着。tamaっちが乗り物でも大人しく待っててくれるからどこでも行けるんだよね~ありがとう♪

DSCF4418.JPG


▼続きを見る⇔折りたたむ▲

そりゃぁ子供等は17時の閉園まで大興奮で遊びまくりました。
Vulが言いだしっぺだったので責任とってガッチリ遊んでもらいましたよ~♪(^o^)
もう手っ取り早く台詞と写真でご紹介しましょう!

「あーっ!アレ何?!」「大きいすべり台かなぁ!?」「父ちゃん一緒に行こう!」
「あの忍者修行やろうよーっ!」(←アスレチックのこと)
「あの舟・・・bianでも漕げるのかなぁ?行ってみようかな・・・」「俺も!」「俺は父ちゃんと乗れよ」

DSCF4426.JPG

「ウキャーッ!水だよ!入りた~い!」「素っ裸でもいいよね?」「うーん、いい・・・んじゃないかなぁ・・・?」(激混みで周りの子は水着か服かパンツだったからかなり躊躇したけどね・・・汗)

DSCF4456.JPG

「お腹すいた~」「お昼はデンマークパンのホットドッグかな?」「食べたい食べた~い!」
「あれは!?あのボートは父ちゃんも漕げるの?みんなで乗れるかなぁ?」
「3人までだから父ちゃんと乗っておいで」「やったぁ!」
「おーい!かーちゃーん!」「やっほー☆楽しいか~い♪」

DSCF4464.JPG


「ポニーも乗る?」「ま、とりあえず暑すぎるからカキ氷でも食べて体を冷やそうか・・・」
「わ~虹色だ!」「すごーい!初めて見たよ!」

DSCF4479.JPG

「ポニーってあれ?混んでるねぇ」「俺、あの小さいトーマスがイイ」「bianも!100円ちょーだい!」
「じゃぁ次は母ちゃんと乗っておいで~」「はーい!」

DSCF4491.JPG

「あれってウサギ?触れるのかな?bianは小さい動物が触りたいなぁ」「モルモットかな?」

DSCF4494.JPG

「楽しかったね~」「俺、車も乗りたかった~」「じゃぁ、また来ようよ!」「そだね、広すぎて一回来たじゃ遊びきれないもん。パスポート買う?」「買おうぜ」「やったぁ!」

・・・ということで、年間パスポート(大人3000円・子供500円)を購入して、またバス~京成2本~自転車と乗り継いで19時に帰ってきました。tamaっちは公園内でも帰りの道中も、ミルクさえ飲んでいれば、超・ご機嫌でしたね♪暑い中をお付き合いありがとう!!

DSCF4500.JPG

<注>この「馬鹿笑い」は顔だけで、声は出ていません・・・(笑)

しっかし、19時帰宅、即座に風呂、19時半にご飯、21時に寝てるってのがスゴイよね★
・・・明日から幼稚園だもん!(^_^;)

Vul君は腕が筋肉痛になるまでボートを漕いでくれたし、朝から夜まで献身的に遊んで働いてくれて、私はとても嬉しかったです。夜は子供を寝せてるのか自分が寝てるのかワカラン位の勢いで寝てしまいましたが、朝までグッスリ眠れたらしく、スッキリ目覚めていました。

bianとhikaruはいつまでも起きないぞ~って位グッスリだった!(bianなんてほっといたら多分9時でも寝てたぞ?hikaruが辛うじて9時に起きてきた位だし☆)
tamaっちは家に居るより疲れなかったかなぁ?朝も6時半から元気に寝室の床を這い回ってたね~(笑)借りたベビーカーやピクニックシートや背負子だったもんなぁ。ズリ這い出来ずで大変失礼しました!

是非、月イチで行きましょう!(^-^)

2006年 9月 03日

人形とお風呂

投稿者 by namep at 00:30 / カテゴリ: / 107 コメント / 0 TrackBack

bianは人形が大好きです。女の子だからかなぁ?小さい頃から割とプレゼントにお人形を頂いていたお陰様で、人形に対してもとても世話好きで、山ほど持っています★
一番のお気に入りはやはり2歳半で出会ったホワイトタイガーの「白虎(ビャッコ)君」ですね。親から見てもう「一心同体?」「心の友?」と思う程に、彼女にとっては無くてはならないお人形です。
引越の前後から少し手が離れていたのですが、一時は毎晩一緒に寝ていたし、旅行に行くとなると同伴していました。子供らしい「自分の匂いが移っている人形」という感じで、微笑ましかったので別に咎める事も無く、まもなく5歳です。

hikaruは男の子だからかなぁ?あまり人形を大切にはしないし、なりきりごっこも電車やミニカーが喋っていたりして(「あ~っ!ワイドビューさざなみ号~!大丈夫かーい?!」とか「助けて~!緑のRX7が一緒に落っこちたんだよ~」とか・・・=_=;)、人形が必須アイテムということは全く無いまま育ってきました。しかし彼も1歳4ヶ月で出会ったイルカの「ジュニア」が一番大事なお人形で、出かける時に抱えて歩いていたりもしました。
たまに寝るときに「ジュニアは?」と言っていたり、bianが「白虎君は?」と私に聞くとhikaruが「ジュニアは?」とセットになって質問している状態で(笑)、2歳8ヶ月です。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲

そんな大切なお人形ですので、もちろん手垢や埃や泥(hikaruは外で落とすし投げるからな~涙)で、大変汚れてくるので、たま~に一緒にお風呂に入っています。子供等は大喜びで、もうそれはそれは丁寧に洗ってあげるし、1時間は風呂場で遊んでいるし、大切な友達との裸同士(?)の触れ合いの時間のようです・・・(^-^)
先日は半年振りくらいに「じゃぁ今日は一緒に入って洗ってあげようか」と提案したところ、大はしゃぎで溜まっていも無いお風呂に飛び込んで、ずーーーーっと2人で人形と遊んだり喋ったりしながら、楽しそうでした。30分も経った頃、私とtamaっちが「そろそろお邪魔しまーす」と入り、子等と一緒に洗面器で踏み洗いしました。(bianは丁寧に手で押していたが、hikaruがジュニアを踏み始めたのを見て真似★)

DSCF4415.JPG

洗ったあとは洗濯機で軽く脱水をかけ、櫛で毛並みを整えたら、風通しのイイ場所か温かいトコロに置いておくと、大概は一晩で乾いてくれます。今回はhikaruも自分で洗って、自分で櫛通しして、自分で乾かしている姿がかわいらしく、「ここが温かくていいんじゃない?」と生ゴミ処理機の廃熱口を教えてあげました♪(コラ!爆)
bian1人が手入れを楽しんでいた頃は、真面目に洗ったり梳かしたりしていましたが、悪フザケが多くなってきたhikaruと洗った今回は、生乾きのうちにジュニアをマンボウみたいにペシャンコにしてみたり、毛並みをワザと逆撫でしてみて変な顔に大笑いしてて、「姉弟ってイイねぇ」としみじみ思いました。本当~に楽しそうだった!!!何事も楽しむことが大切だと思うなぁ・・・お疲れ様!(*^○^*)